入れ歯にこんなに値段の差があるとは知らなかった

入れ歯にこんなに値段の差があるとは知らなかった

実家の父に頼まれて、私が毎回、新しい歯医者さんへ送迎をすることになった。父はもう高齢で、判断力も昔と比べかなり弱ってきた。

出っ歯の矯正 大阪 青山アール矯正歯科 大阪 インビザライン治療例10 - YouTube

自動車の運転もあぶなっかしいし、歯医者さんでのやりとりも、説明を聞くのはもっぱら私だ。次回予約を入れる際も、患者本人の父は毎日が日曜日。私の都合に合わせてスケジュールを組む。私も親譲りなのか若い頃は歯が悪く、結婚後に歯列矯正をして、今はかろうじて、全て自分の歯を維持している。歯並びが悪かった時はできやすかった虫歯も、今は全くできず、こまめに歯科検診を受けてクリーニングも欠かさないので、歯には自信がある。

歯並び・噛み合わせが悪いとどうなるの JIO 一般社団法人 日本矯正歯科協会

父はもうところどころ歯がなくて、部分入れ歯を使っていたがそれも合わなくなってきたようだ。歯がないと見た目も悪いし話し辛いようで、入れ歯を新しくしたいとうのが父の希望だった。歯医者さんも慣れたもので、滑舌の悪い父の希望をゆっくり聞いてくれ、治療や歯のクリーニングを丁寧にしてくださる。入れ歯の種類についてもおおまかな説明を受けたのだが、入れ歯にこんなに値段の差があるとは知らなかった。父は数万円かかるのがあたりまえだと思っていたようだが、私が歯医者さんに、年金生活者なので予算を抑えたい旨を話したところ、保険適用の入れ歯を用意してくださることになった。



もう治療のしようがないダメな歯を何本か抜歯し、残った歯を治療したり綺麗にした後、型を取って入れ歯を作った。毎回15分程度の治療で週1回ペースで通ったが、最終的に入れ歯ができるまで、4か月程かかっただろうか。それでも毎回数百円の治療費で、入れ歯も5千円でお釣りが来た。今は入れ歯も安くなったものだと、父はとても嬉しそうだ。